先に①、②を読んだ方がいいかもしれないです。

親知らずを抜いた話①

親知らずを抜いた話②

今回は前回の続きで抜糸についてです。


8/28に抜糸をしてきました。


親知らずを抜いた場所には穴があいてしまいます。
なので、歯ぐきを縫って穴を塞ぎます。

これによって穴に食べカスが詰まって痛んだり
血餅が取れるのを防ぐ事ができます。


血餅とは「かさぶた」のようなもので
これが傷口に被さると痛みがなくなってきます。
これが出来て固まるまで1~2日と聞いたことがありますが
もちろん個人差があります。

手足に出来るかさぶたと同じようなものなので
かさぶたが固まるまでは出血や痛みがあります。


また、この血餅は
新しい歯茎を作るためにとても大切なもので
取れてしまうと骨が剥き出しになったり
とても強い痛みが襲うことがあります。
この場合はドライソケット感染症の場合があるので
至急口腔外科に行くことをオススメします。


親知らず抜歯後に早く痛みから解放されたい
早く穴を埋めたいという方は
この血餅を死守してください。



ながながと血餅について話しましたが
抜糸のことに戻ろうと思います。


抜糸は親知らずを抜いてから
だいたい1週間~10日後が目安です。
このころになると傷口はかなり塞がって
抜歯後の痛みは全くありません。


抜糸って痛いの?

痛くありません。
抜歯後のズキズキしたあの感じに比べたら
どってことないです。

抜糸の前に消毒をしたのですが
それが少し染みたくらいでしょうか。

あとは糸を切るときに
糸を伸ばすので歯ぐきがちょっと痛いですが
それも一瞬でおわります。

抜糸に関してはなんの心配もいりません。


抜糸のあとにお願いすれば
歯の洗浄もやってくれると思います。

抜歯後から歯磨きが思うように出来なくて辛かったと思いますが
このタイミングで綺麗にしてもらえます。



ここまで来てようやく
親知らずの治療が終わりです。
あとは穴が完全に塞がるのを待つだけです。
これにも個人差があって
遅い人は何年もかかるらしいので
気長に待ちましょう。


最後に
親知らずを抜いた皆さんお疲れ様でした!

そして
これから抜く人は頑張ってください!
痛みは痛み止めを飲めば楽になりますから
そんな怖がらなくても大丈夫ですよ!