①~④に引き続き⑤です。
先に①~④を読んだほうがいいかもしれないです。

今回は火山の備えについてです。

本当は違う記事を書く予定だったのですが、
先日チリで火山が噴火したのでこの内容にしました。


a97a4f36ce81a5d0f3680e5bf5455e0b_s



火山の仕組み

プレートがぶつかりあうところで水が絞りだれ
その影響でマントル物質が溶けマグマ溜まりへと上昇する。

マグマは高温高圧でガスがたくさん溶けこんでいてガスのうち9割は水蒸気だと考えられている。
マグマ溜まりからマグマが上昇すると全体の気圧は下がり
溶けていたガスが気体になり泡立ち始める。
そうすると、マグマの体積が増え、どんどんマグマが上昇する。
上昇するとさらに気圧がさがり、、、というのを繰り返し、
火口付近にくると、一気に飛び出す。

これを噴火という。

炭酸ジュースを振ってからあけるのをイメージしてもらえればわかりやすいと思います。



噴火は予知できるの?

絶対ではないがある程度はできる。

マグマが上昇してくると山が少しだけ膨らむ。
この膨らみを計測する機器(傾斜計)が火山に取りつけられているため、
異常があればわかるようになっています。

しかし山もそれぞれ個性があり、前兆なども違ってくるので予測は難しいようです。

傾斜計のほかにも地震計やGPSも予測に利用されており
昔よりは正確な情報が手に入るようになった。



噴火の対策

噴火してからでは遅すぎるので事前に対策をとります。

①火山ごとのハザードマップを確認する
どこが危険か、どこが安全なのかわかります。
自治体から配布されているかもしれないのでぜひ確認してみましょう。

②避難先を決めておく
火山噴火は長期になると考えられます。
自治体が準備した避難所は人が多くストレスがたまります。
そのため長期間滞在できてストレスが少しでも溜まらない場所を選びましょう。

③降灰前に準備しておくもの
火山灰が降ってくる恐れがあります。
あると便利なものは、
マスク、ゴーグル、水、ラジオ、電池、懐中電灯、衣類、薬、現金です。

マスクは特殊なものを使わないと灰が喉や肺に詰まって病気の元になります。
ゴーグルは目に入らないようにするためです。
ラジオ、電池、懐中電灯は状況を把握するために必要です。
現金はATMが停止するかもしれないのでその対策です。

④降灰前の備え
・ドアをすべて閉める
・湿ったタオルでドアの隙間などを埋める
・精密機器をフィルムなどで守る

⑤降灰したら
・家の中ですごす
・テレビやラジオで情報収集
・火山灰を含む水は飲まない
・コンタクトレンズは外す。つけたままだと網膜剥離の可能性がある。

⑥灰の掃除
降灰が終わったら掃除をしなくてはいけません。

・防塵マスクや湿ったタオルで口や鼻を保護
・ゴーグルで目を保護
・屋根の上の掃除が最優先。雨が降ると家屋倒壊の恐れ。
・精密機器の掃除には圧縮空気がおすすめ
・排水溝に灰を捨てない



日本で使用されている噴火警報レベル一覧

特別警報  噴火警報(居住地域)

レベル5  避難

居住地域に重大な被害が及ぶような噴火が発生、
もしくは切迫しているときにに発令される。

危険な地区から避難が必要。


レベル4  避難準備

居住地区に重大な被害を及ぼす噴火が予想される場合に発令される。

危険な地域では避難準備や災害時要援護者の避難が必要。



警報  噴火警報(火口周辺)

レベル3  入山規制

居住地域の近くまで重大な被害が及ぶような噴火が発生、
もしくは噴火が予想される場合に発令される。

通常の生活で良いが、災害時要援護者の避難準備が必要。

登山や入山が規制される。


レベル2  火口周辺規制

火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生、
もしくは予想される場合に発令される。

通常の生活で良い。

火口周辺の立ち入り規制がかかる。



予報  噴火予報

レベル1  平常

火山活動は穏やか。
火山によっては火口内では被害がでる場合もある。

通常の生活で良い。

火口内の立ち入りに規制がかかる場合もある。



現在日本で何かしら規制がかかっている火山

2015/5/29の段階

レベル3
入山規制
御嶽山、桜島、口永良部島

入山危険
西之島

レベル2
火口周辺規制
吾妻山、草津白根山、三宅島、阿蘇山、諏訪之瀬島、新燃岳

火口周辺危険
蔵王山、硫黄島、霧島山

レベル1
平常
十勝岳、秋田焼山、九重山、薩摩硫黄島 など





2015/5/29
口永良部島で爆発的噴火
警戒レベルは5に引き上げ




こちらもあわせてどうぞ。
災害の備え
① http://maruhan5330.blog.jp/archives/1024968585.html
② http://maruhan5330.blog.jp/archives/1025045267.html
③ http://maruhan5330.blog.jp/archives/1025058879.html
④ http://maruhan5330.blog.jp/archives/1025182236.html

覚えておいたほうがいい電話番号 http://maruhan5330.blog.jp/archives/1024025481.html

171の利用方法 http://maruhan5330.blog.jp/archives/1026059566.html

参考・参照 
気象庁 http://www.jma.go.jp/jma/index.html


人気ブログランキングへ